シンギュラリティとは?

シンギュラリティ

いぬくん

2045年に起こると言われているが、正確には2029年に起こる

いぬくん

そもそも、定義が安定していない
AIの性能が地球上の全人類の知性を超える時点だとか

単体のAIの性能が単体の人類の知性を超える時点だとか

曖昧になっている

いぬくん

もともとレイ・カーツワイルが定義したシンギュラリティは
テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、人間の生活後戻りできないほどに変容してしまうような、来るべき未来」と曖昧だから仕方ないかもしれないけど・・・

当ブログにおけるシンギュラリティとは単体のAIの性能が単体の人類の知性を超える時点とする

一台のコンピュータが一人の人間を超えたときといったように

AIが一人の人間を超えたときという重大さ

いぬくん

何を持ってAIが人間を超えたかというのは、また曖昧な部分がある

当ブログにおいて何を持ってAIが人間が超えたか判断するのかは、仮想空間においてAIが一人の人間を模倣できたときとする

また、シンギュラリティが起きたと判断するのもその時とする

一人の人間を模倣できたとして、それによってどれだけ重大なことが起きるのかわかるだろうか?

AIは人間とは違い、記憶を自由に操作することができる、あらゆる才能を手に入れることができる、アプリをダウンロードするように

一人の人間を模倣できるということは、一人の天才を模倣できるということ、そしてあらゆる分野の天才的知性を必要に応じて使い分けることができるということ

マイケル・ジャクソンのような音楽性・・・

ソニー、マイケル・ジャクソンと折半出資の著作権管理会社Sony/ATVを完全子会社化へ。取得額約840億円 

アインシュタインのような科学的知見・・・

時は戦前。来日したアインシュタインを感動させた神秘の国ニッポン 

アドルフ・ヒトラーのような話術・・・

ヒトラーが演説で使った人心掌握術。人に伝わる話し方とは何か? 

それらを併せ持つ一人の「にんげん」が現れたとき、今の社会は平静を保てるだろうか?

シンギュラリティに備えて

資産状況

 

収穫加速の法則

「シンギュラリティ」という壮大な仮説 真の脅威はその「検証力」にあり

「シンギュラリティ」という壮大な仮説 真の脅威はその「検証力」にあり

 

仮想通貨

仮想通貨によるベーシックインカム実現の可能性について 仮想通貨によるインフレの可能性について  

コメントを残す