WindowsでMl-agents v0.6を使うときのエラーと原因

エラー The Communicator was unable to connect.

UnityAgentsException: The Communicator was unable to connect. Please make sure the External process is ready to accept communication with Unity.
MLAgents.Batcher.SendAcademyParameters (MLAgents.CommunicatorObjects.UnityRLInitializationOutput academyParameters) (at Assets/ML-Agents/Scripts/Batcher.cs:91)
MLAgents.Academy.InitializeEnvironment () (at Assets/ML-Agents/Scripts/Academy.cs:321)
MLAgents.Academy.Awake () (at Assets/ML-Agents/Scripts/Academy.cs:230)

UnityAgentsException:Communicatorは接続できませんでした。外部プロセスがUnityとの通信を受け入れる準備ができていることを確認してください。

原因・2つ

1 実行が始まらない場合は、開始するフォルダーを間違えている可能性があります。

実行が始まらない場合は、開始するフォルダーを間違えている可能性があります。ML-Agentsのリポジトリーを展開したml-agents-masterフォルダーにいることを確認してください。

また、Anaconda Promptでmlagents-learn config/trainer_config.yaml --run-id=firstRun --trainコマンドを実行したあと、UnityでPlayしないまま1分程度放置すると待機が終わってUnity側でエラーが発生します。Anaconda Promptを実行してUnityでPlayするようメッセージが表示されたら、速やかにUnityの方もPlayしてください(2018/11/9追記)

参考 Unity ML-AgentsをWindows10で使う 2018年11月版 - tanaka's Programming Memotanaka's Programming Memo

2 フォルダのアドレスに日本語が混じっている

おそらくこれも原因

 

コード

コメントを残す